引越し業者バナー

引越し業者に電話をかけて直接お申し込みは大損です!

「単身引越し費用ってこんなに下がるの?」

このように思ったことがある方って、実はものすごく多いです。

理由としては現在、引越しする方で都会にお住まいの方で7割、地方でも6割以上の方が「引越し業者の一括見積もりサイト」を通じて業者に引越し依頼をしているからです。

この一括見積もりですが、一度試すとびっくりします。

「おいおい・・・業者によってこんなに違うの?」

実は私も仕事の関係上、転勤が多くて、以前までは引越し業者はいつも同じところにお願いしていたのですが、いまは必ず事前に引越し見積もりをお願いするようにしています。

なぜならば、”かなりの高確率で値引きすることが可能”だからです。

実際、最近の実績で行くと、最初に提示された見積もり金額より23,000円も価格が落ちましたからね。。。

他の業者と相見積もりになるからこそこういった値引き交渉が可能となるわけですね。

特定の業者に直接お願いすると、こういったライバルが居ないため数千円ぐらいは可能かもしれませんが、数万円単位での値引きはかなり難しいと思います。

結論から言うと「電話で直接申し込み=大損」ということです!!

一括見積もりサイトは数多くあって、私もいくつか試しましたが、結局全部一緒ですね。一番使いやすかったサイトだけ以下にご紹介しておます。

★ ズバット引越し見積もりサイト
http://www.zba.jp/hikkoshi/

一人暮らしの新生活を応援しています!

ひとりで引越しするときに気をつけるべきポイントはどこなのか?単身引越しサービスはどこに頼むのがベストなのか?一括見積もりサイトを活用することで引っ越し料金は本当に安くなるのか?といった単身パックによる引越しをお考えの方への注意点とアドバイスをしているサイトとなります。

当サイトでアクセスの多い人気の記事 BEST5

お得な引越し業者を選ぶ!
質問1 引っ越し業者も相見積もりを取ることになります。Webサービスで各社に一括で引っ越し見積もりを頼むものがあり、便利だと感じる方も多いとは思いますが私が利用したイメージでは非常に面倒なことになるという印象となってきます。 ・・・詳細はこちら
面倒な荷造りなコツはありますか?
質問2 荷造りをするのは面倒ですが不要なものを処分する良い機会です。「断捨離」をご存知ですか?断捨離とは、物への執着を離れ、より良い暮らしをする考え方です。実践する人は「ダンシャリアン」と呼ばれているそうですので、ここで「にわかダンシャリアン」 ・・・詳細はこちら
退去手続きの手順が知りたい!
質問3 今まで住んでいた賃貸の解約の手続きを行います。賃貸契約の書類を引っ張り出してきて内容を確認し、現状復旧や清掃についてどのように段取りをするか、敷金がちゃんと帰ってくるのかなど心配もありますし、かなり面倒な気分になります。 ・・・詳細はこちら
不動産屋さんと交渉するときのコツ
質問4 下見を終え、良い思った物件について値引きしてもらうなどの交渉を行うという人が多いですが、これはなかなか面倒です。値引き交渉が好きな方には楽しい作業かもしれませんが、奥ゆかしい私のようなタイプには精神的な負担でしかありません。 ・・・詳細はこちら
新しい土地に慣れるにはどうする?
質問5 引越し先の地理を覚えるのもかなり面倒。買い物はどこでしたらいいんだろう、どこが自分に合う店なんだろう、駅への近道は?これを散歩なんかしながら土地になれていくことが楽しみだという人もいますが面倒でさもすると引きこもりになりそうになります ・・・詳細はこちら

引越しで役立つサイト集

引越しの手続きでおすすめのサイトはこちらとなります。⇒ 引越し参考サイト

単身引っ越しでよくやってしまうミスBEST5!

・その1、引越し会社の単身引っ越しプランへ直接申し込み
引越し単身パック赤帽やクロネコヤマト単身引越しプラン、アートおまかせパックなど大手業者の用意している単身者向けの引越しサービスに直接電話をかけてお申込みされるお客様は少なくありません。

しかし、複数業者で相見積もりを取らないと引越し業者の言うがままの料金を支払うハメになることになります。引越し単身パックが一番安いと思い込んでいる方も多いですが引越し侍やSUUMO引越し見積もりサービスなどお金もかからなくて無料なので使ったほうが良いです。

たしかに単身引越し料金相場は家族引越しに比べてはるかに安いのですがそれでも2万円〜3万円も値引きできることもあるのでやらないよりはやったほうが良いですね。

・その2、知名度の低い単身者用引越し業者へ依頼
テレビCMでもおなじみのサカイ引越センターやアリさんマークの引越社といった誰もが知っている知名度の高い引っ越し会社ではなく、ほとんどの方が耳にしたことがない引っ越し業者もあります。小さな会社だと教育や研修マニュアルがしっかりしていなくて作業員の仕事レベルが低いことがあります。

作業スタッフのレベルが低いと引越し作業中に床や壁を傷つけないために行う養生や家具家電の梱包作業が完璧に行えなくて物を壊してしまうこともあります。

大手の引越業者であれば家具や家電が壊れたときの保険や保障内容も充実しているのですが、小さな業者だと何か事故が起きた場合もきちんと対応してくれない場合があります。

・その3、エアコンや洗濯機設置による追加料金のチェックを忘れない
業者によっては、ダンボールに荷物を詰めたり運ぶことだけで見積もりをしてくる場合があります。いま住んでいるところのエアコンの取り外しや引越し先での設置を別の電気屋さんが行うことで追加料金が必要となるケースがあります。この値段が思っているよりも高額で2万円〜3万円ぐらいすることもよくあります。

見積もり時にこのあたりの話をゴマかす営業マンもいるので、家電設置の金額についても必ず聞いておきましょう。

・その4、ドラム式洗濯機が洗面所に置けない!!
洗濯機能だけじゃなく乾燥機能もついているドラム式の洗濯乾燥機を使うご家庭のほうが当たり前となってきました。洗濯物を乾かす面倒な作業が減るため単身赴任で独り暮らしのサラリーマンや新社会人になったばかりでまだ仕事に慣れていなくて忙しい新入社員の方達にも人気です。

OLさんになると朝や夜のメイクなど男性よりも時間がかかることが多いですしね。そんな忙しい方達にとって必須アイテムである自動洗濯乾燥機ですがひとつ大きな落とし穴があります。

それは、古い物件だとドアの幅が狭すぎて洗面場に置けないことがあるからです!!

東京や大阪といった都会だと駅近で築30年や40年といった物件もすごく多いです。中古物件といっても住宅リフォームは何度もされており見た目的にもキレイなのですが、天井の高さや部屋のドアの大きさは昔のままだったりします。

ドラム式の洗濯機を計算に入れて作られていないので仕方がないですよね。同じように冷蔵庫もあまり大きなサイズだと天井よりも高くて置けないということもあるので引越し準備前にきちんと調べておくことが大切です

・その5、指定の引越し業者が決められていることもある
引越し見積もりは必ずやったほうが良いというお話をしましたが、逆にサービスを使うことでトラブルに発展するケースもあります。

東京都内の賃貸業者や上場企業をはじめとする大手の有名企業に多いのですが、あらかじめ指定の引越し屋さんを決められていることがあります。

会社自体がその引越し業者と提携していることでキャッシュバックを頂いたり、レベルの低い運送屋さんや軽トラックを使って自分で搬入作業をする際にアパートの床や壁を傷つけたり物を破損されるのを嫌がるマンションオーナーも少なくありません。

相見積もりじゃなかったとしても単身用のミニ引越しプランになると荷物量も少ないことから気にせずに勝手に申し込んじゃう方もいますが、そのことで会社の上司に怒られたり会社の経費として費用が降りなくて実費払いとなることもあるので注意が必要です。

ガーン!!引っ越し後に凹んだみんなのお話

★初めての独り立ちがヘコむわ
会社が大阪になったから引越しをせざるを得ない状態になったから引越ししたんだけど、私大阪の知識ないのにどうしようとおもったんだけど、 とりあえずは仲介さんを頼るしかないし、その人の言うことを全部聞いて引越ししたんだけど、 駅チカ、コンビニあり、セキュリティありで大体7.8万の所を私の入った所は6万5千円だった。 これはラッキーだし幸先いいなあと思った矢先! 鍵は2個あるし、顔を見れるチャイムだわ、 セコムのシールだらけだし、なになに?って思ったら 私の越した所、空き巣に入られるって有名なマンションだった。。。 ってのも、キャバクラ嬢が住んでるって有名でそういう系の店が2駅先にある立地だった。 初めて住む土地の繁華街を把握しておくことは大事だなあって思ったなあ。 だし、凹むし毎日なんか怖いし2週間に一回はお巡りさんが来るし、どれだけ治安悪いんだよ! それから1年で越しちゃった。だってなんか怖いしもう2つ向こうの駅にしたら治安も金額も良かったからそっちの方がいいや。 便利な所でも、治安悪いのは無しだよね!

★窓ガラス・カーテンの注意点
引っ越し先を探していた中で、お気に入りの物件を見つけて即決・契約しました。 リビングと寝室が別になった1LDKで、各部屋の窓ガラスが変な模様入りではなく透明で、開放感があったからです。 隣にマンションがありましたが、洗面所とトイレに面しているようなので、窓ガラスシートを貼れば覗かれる心配もないかと思い、模様入りでないシートを準備しました。 さっそく、シートを貼ってみると、これがなかなか難しく、大きいものはどこかに必ずしわやたるみが出てしまいます。 改めて新しいシートを買い込み、四角や〇、ひし形などに切ってからつぎはぎスタイルで貼り、なんとか満足できる結果に。 しかし結局は、シートだけでは丸見えは防げても夜などは室内の様子が分かってしまうのでカーテンとブラインドをそれぞれ各部屋に取り付けました。 一番、ショックだったのは、隣のマンションの洗面所とトイレの窓が季節や時間によって開けられること。 2軒分に面しているのですが、1軒は夏に洗面所の窓を開けているのでこちらはブラインドを解放できず。もう一軒は夜になるとおじいさんが入浴後に窓を開けて裸でぶらついている様子が丸見えで、きついです。 短い下見時間では分からないとは思いますが、昼と夜では周囲の生活習慣の景色が違うことを把握しておいた方がよいかと思います。

★一泊二日で家さがしはキツイです
主人の転勤で、家を探すことに。 でも、転勤が決まってからは引継ぎなどで忙しいため週末の一泊二日で部屋を探すことになります。 主人の転勤は春だけなので、一番のハイシーズン。ちょっと出遅れると物件があっという間になくなってしまうので大変です。 今の家を探した時も、一泊二日でした。 全く縁もゆかりもない土地で、生活する場所を決めるなんて大きなばくちを打つ気分です。 会社の提携している不動産屋さんにお願いして5箇所ぐらい見せてもらって決めました。 見た中では、一番良かったから決めたのですが、約束したことを守ってもらえなくてガッカリです。 換気扇は油だらけで全く機能しそうもないカンジ。掃除するか新しいものと交換してくださいとお願いしたのに、掃除すらした形跡なし。 ベランダは鳥の糞だらけだったので、こちらも掃除をお願いしたのですが、イマイチきれいにはなっていませんでした。 仕方なく、入居してから自分たちで掃除したのですが換気扇なんて油がこびりついてなかなかきれいになりませんでした。結局、汚いまま使っている状態です。 ベランダの排水溝は、若干斜めになっていて排水溝が高い位置にあるので雨などが流れていかなくて、ボウフラの温床です。これも直りません。 マンション自体も歪んでいるようで、家の中でビー玉はコロコロと転がっていきます。 会社の借り上げですし、賃貸なのであまり文句は言えませんが、バブルのころに建てられた物件のせいか、作りがいい加減な気がします。 早く、また転勤になってこの家とはおさらばしたいです。

★木造アパートは騒音がひどいといいますが
以前住んでいたアパートも木造2階建ての物件でした。 6畳一間のアパートだったこともあって、 やはり周囲の騒音はかなり気になるところでした。 部屋自体が他の部屋と壁一枚でつながっていますし、 台所や浴室なども隣り合わせの作りだったので、 絶え間なく隣人の音を聞かされるのはやはり苦痛でした。 大きな本棚を置いたり、押入れの壁にダンボールを敷き詰めるなど してみましたが焼け石に水で、改善には至りませんでした。 そうこうしているうちに不景気の影響で 賃貸物件の家賃相場も下がってきて、 2部屋3部屋ある物件でも手が届くようになってきたので 引越しをしました。 今回も木造アパートですが、ツーバイフォー工法の建物で 密閉性が高いことと、部屋が複数あることで レイアウト的に隣の住人との距離感があり、 かない騒音問題が軽減されました。 ほんの少しの費用増で快適な生活が手に入りますから、 2部屋以上で間取りがどうなっているか きちんと見極めることが大事だと思いました。

免責事項
 
Copyright © 2011〜2013 単身引越しの格安費用はどこの引越し業者?. All rights reserved