入居の挨拶、住所変更の通知

入居の挨拶をしないという人も多いとのことですが、結局いつかは顔をあわしてしまうので、その時にギクシャクしないよう挨拶をしておきましょう。
これはまぁ、1日で終わりますし、留守なら手土産にメッセージカードを添えてポストにいれてしまえばいいです。必ず決めた日、1日だけで作業を終わらせればいいのです。

あまり気負わず、適当に済ましましょう。あとは、知人への住所変更の通知ですが、これが私が一番面倒だと思うポイントです。

メールにするか、手紙にするか、人によってわかっている連絡先アドレスが住所なのか、メールアドレスなのか、SNSでつながっているだけなのか・・・

また、目上の方にたいするお知らせには失礼があってはいけないと思ってのプレッシャーが一番面倒です。

お願いだからFacebookに登録しておいてほしい!と思う一瞬です。なので、ここではFacbookでの友人を増やすつもりで、お知らせのメールや手紙にFacebookの連絡先をいれてお知らせしましょう。

【楽みに変えるために、Facebookのつながりを増やす機会と思いましょう】
・どのメールアドレスで登録をしているかを記しておき、探してくださいと書き添えます。

今後、お会いしたタイミングでの話題にしていきましょう。

流行のFacebookについての話題で、日ごろ会話に困る人とも仲良くできる機会となると思います。
ちなみに、Facebookでつながりを持ちたくない人はそもそも連絡しなくていいのではないでしょうか・・・。

関連エントリー

 
Copyright © 2011〜2013 単身引越しの格安費用はどこの引越し業者?. All rights reserved