赤帽だと料金が安くて良い?

単身引越しで赤帽のサービスをご活用する方は多いです。

赤帽は荷物の運び入れなどは自分でやらないといけないのですが、とにかく安いというメリットがあるからですね。

学生の上京の場合など、持っていく荷物もほとんどないことから赤帽にお願いする方も多いです。

では、赤帽は実際どうなのだろうか?ということですが・・・わかりません(^^;

クロネコヤマトの単身引越しのページでも同じことを説明していますが、同じ赤帽でも対応してくれるスタッフによって大きな差が出ます。名古屋と東京では全く違う人が手伝ってくれるわけです。

ちなみに私は赤帽は一切使いません。なぜならば「保障に不安がある」からです。引越しのとき何かを壊したとしても保障してくれません。自分が運ぶわけですしね。

軽トラをレンタカーしたほうがいいんじゃないのか?と思っちゃうんですよね。まぁ、養生はあるのでそこは違うかと思いますが、担当者によっては全く手伝ってくれないどころか、こちらに「そこ運んで」と命令してくる人もいますからね。

別に全員がそうだとは思いませんが、はじめて赤帽使ったときそういう担当者に当たったことで「ここには二度と頼まない!」となりました。多分、学生で若かったこともありなめられてたんでしょうね。童顔で年齢以上に幼く見えますし(涙)

まぁ、そういったこと抜きでも30インチや40インチを超えるプラズマテレビや巨大なドラム型洗濯機、精密機械のパソコンを自分でうまく梱包出来る自信もなければ、壊さず運ぶ自信も無いため私はこれから先も使わないと思います。

一括見積もりして来てくれた営業マンの中から信頼できそうな人を選ぶほうが確実かなと思っています(^^

赤帽での単身引越のサービス内容

赤帽の引越しは、1人暮らしの方や学生、単身赴任の方が引越しする時には、赤帽での引越しが、便利。大切な家財を素早く丁寧に、運んでくれます。

≪引越し料金≫
引越し料金は、荷物の量や作業内容、使用台数、移動距離によって運賃の金額が異なります。引越しの内容を確認したのち、見積もり(無料)となります。
※日時によっては、運賃の割増となり加算されますのでご注意ください。

◆引越し運賃料金の目安
作業時間2時間以内・走行距離20km以内の場合

関東・近畿・四国・九州・中国・甲信越・中部地方  13,500円〜
北海道・東北地方  11,800円〜

※1台1行程・ドライバー1名、土曜、日曜、祝祭日は2割増しとなります。

≪単身の引越しに丁度良い車での配達≫
乗用車では運びきれないが、トラックなどでは大きくて不便といった単身での引越しに利用できます。赤帽は1台の軽トラックで運ぶので、積み替えの必要が無く、荷物の梱包も簡易、よってスムースに運んでくれます。

◆配送車の車種と容量

車の種類 大きさ(長さ×幅×高さ) 特徴
パネルバン 約1.91m×1.32m×1.24m 3方向が開き荷物の積み降ろしが簡単にできる。
トラック 約1.94m×1.41m×1.29m 大きな荷物もロープフックでしっかり固定。
大型荷物、大量物に最適。
バン 約1.87m×1.32m×1.22m 左右の大開口スライドドア、大型リヤゲードのドアもあり、配達の効率がアップ。

≪貨物保険≫
貨物保険に加入していますので、安心して任せられます。
高価な物がある場合には、1日や1行程の貨物保険を選択する事も可能です。
 
◆貨物賠償300万円  
◆第三者賠償100万円

 ≪無料見積もり≫
まずは、無料でできる見積もりで内容を確認します。ホームページから引越し見積もりを出発地選択し、「単身引越」を選択します。
その後、氏名、ふりがな、電話番号、引越し予定日などを記入し、見積もりを行います。

赤帽での単身引越しのメリット

≪引越し先まで同じ車で運ぶ≫
赤帽の引越しは、貸切便となっているので、請け負った荷物は、引越し先まで積み替える事無く運んでくれます。簡単な梱包ですみ、他の荷物とも混ざる心配が無いので、安心して、預けられます。

≪家の前の道路が狭くてもOK!≫
大きなトラックでの引越しは、場所や道路幅を必要としますが、赤帽でしたらコンパクトなバンやパネルバンを利用するので、家の前の道が狭くても任せられます。トラックで運び出せないと、思っている方は一度赤帽に頼むといいかも知れません

≪見積りは無料です≫
単身引越しサービスの場合の料金は、荷物の量、作業内容、使用台数、移動距離によって運賃料金が違ってきます。見積りは無料となっているので、気軽に利用してみましょう。
※見積もりは予定日の1ヶ月半前より受け付けます。

≪夜間の配送、日時の指定もOK!≫
赤帽は引越しを本業としていますので、日時の指定や夜間の配送などもおこなってくれます。どうしてもこの日、この時間がないと考えている方は、最寄りの配車拠点まで問い合わせるか、引越し見積もりサービスを利用しましょう。

≪トラックに同乗が可能≫
希望すれば、トラックに乗せてもらえます。赤帽のトラックで、荷物と一緒に引越し先までいけるので、助かります。

赤帽での単身引越しのデメリット

≪重い荷物は手伝う事もある≫
赤帽のスタッフは基本が一人なので、重たい物を搬入、搬出する時には、手伝わなくてはなりません。特に洗濯機や冷蔵庫などは、重たいものはそうなります。よって、力のない女性や老人には、向いてないと言えます。

≪配送車の荷物量しか運べない≫
赤帽の軽トラックが持っている荷物量しか運ぶ事ができません。最大で350kgとなっております。それ以上の荷物となるのなら、処分が必要となります。

≪地域によって対応の格差がある≫
赤帽は、個人事業主が行っている集まりなので、人や地域によって少しずつやり方が違ってきます。その地域や事業主によっては対応が違い、不満がでる場合もありえます。地域によっては、家具を傷つけられたと言うクレームもあるようです。

赤帽での単身引越しおすすめの使い方

≪大きな家具や電化製品だけ運んでもらう≫
ご自分で配送できるものは自分で、それ以外の大きな家具や電化製品だけ運んでもらうのには、赤帽が手軽でお得に使えます。ご自宅から、子供が独立という時にもおすすめです。

≪夜の間に荷物を運び出したい≫
夜間だと、通常の宅急便ではなかなか請け負ってもらえない時がありますが、赤帽なら昼間は仕事で時間が無いと言う方におすすめの使い方です。ご近所に迷惑がかからないように運んでもらえます。

≪引越しの手続きをチェックする≫
赤帽のホームページ、「引越し案内」から「引越しのお役立ち情報」へ進むと「引越しの手続き」のチェックシートをみることができます。

引越しは、荷物の移動だけでは完了となりません。このチェックシートを利用して、すませなくてならない手続きを済ませておきましょう。

また、その下の「間取り図用紙」を利用すれば、家具の配置を考える事ができます。着いてからでは、家具の配置を考えるのでは、遅すぎます。事前にこのシートを使って家具の配置を、練っておきましょう。

≪スマートフォンサイト、モバイルサイトを使う≫
赤帽のスマートフォンサイトや、モバイルサイトを使い、円滑に利用しましょう。
いつでも、どこからでも確認することができます。

◆赤帽スマートフォンサイト……http://www.akabou.jp/spn/
◆赤帽モバイルサイト……http://www.akabou.jp/m/

赤帽での単身引越しどんな方へのサービス?その理由は?

≪引越しを安く上げたい人におすすめ≫
赤帽は、農家や漁師と同じく、それぞれが独立した個人事業主となっています。全国からお近くの赤帽が直接うけたまるので、引越し料金も他の業者と比べると安値で請け負う事ができるのです。ですから、引越し料金をとにかく安く上げたいとおもったら、赤帽がおすすめです。

≪とにかく急いでいる人に、おすすめの赤帽≫
予約や見積もりを取ってからの引越しというのが、一般的ですが、赤帽では急いで荷物を運びたい時に来てくれます。軽自動車ならではの柔軟性と機動力で、要望に応えてくれます。

≪学生など一定期間の引越しの際に便利≫
学生ならば、卒業までの一定期間を見越した引越しとなります。その場合は、赤帽を便利に活用して下さい。少ない荷物でも、気がねする事必要無く運んでくれます。

≪荷物が混ざってしまうのがいや方におすすめ≫
赤帽は、一つの軽トラックで移動します。軽トラック内は、ご自分の荷物しか積みませんので、他の人と荷物が混ざる事に抵抗がある方には、赤帽をおすすめします。

赤帽の単身引越し見積りの方法

赤帽の単身引越しは、ホームページの引越し見積もりを記入するか、電話にて申し込みをおこないます。

◆電話の場合は0120−400−111にかけると最寄りの赤帽組合につながります。
 
◆ホームページからの見積もり

STEP1:ホームページより「引越し見積り」を選択。

STEP2:出発地を選択して、「単身引越」を選択。

STEP3:基本情報を入力、現住所と引越先、家財詳細を入力します。

STEP4:確認して、送信したら完了となります。

※お見積は、無料。
※引越し予定日の1ヶ月半前より受け付けが可能。

赤帽の単身引越しよくある質問

≪追加料金は必要となるのか?≫
軽トラックに積みきれるのであれば、多少荷物が増えた程度では追加料金は必要ありません。ただし、引越し先の住所が変わった場合や、荷物が増えた事で、時間が延長となってしまった場合には、追加料金が発生します。

≪梱包は必要なのか?≫
搬出と搬入は行いますが、梱包は必要です。事前にダンボールなどに整理しておきます。
冷蔵庫や洗濯機、たん品などの梱包できないものは、マットカバーで保護してもらえるので、安心です。

≪料金の支払い方法は?≫
支払方法は、赤帽で輸送し引越し先で、作業が完了したときに支払います。現金のみの支払いですので、事前に用意しておきましょう。

≪引越し先まで同乗してもいいのですか?≫
赤帽は、お客様と一緒に同乗し、引越し先まで行くことが可能。
わざわざ電車などを使わなくてもいいので、交通費の節約となります。

まとめ

以上、赤帽の単身引越しについていろいろな方面から、調査してみました。
その結果、赤帽は他の宅配業者よりも、引越しがお手軽で格安に利用できることがわかります。赤帽の仕組みは、農家や漁師と同様のそれぞれが独立した個人事業主となっているため、格安なお値段の提供ができるのです。

赤帽は、軽トラック1台分を借りきることとなるので、梱包の手間も省け、他の荷物と取り違える心配なく引越し先まで届けます。また、融通がきくと言うのも赤帽の特徴でしょう。引っ越しの際に、車に同乗させてもらえたり、夜間での引越し途中で不動産屋などに立ちよってもらえたり、こちらの都合に合わせて対応してくれます。

ただし、赤帽の基本は、1台に付き1人の作業員しかつきませんので、大きな荷物の搬出、搬入するには、手伝わなければなりません。女性などの力のない方は、もう一人作業員を依頼しておく必要が出てきます。また、支払は引越し終了後に、現金払いとなっていますので、用意しておいて下さい。

とはいえ、急いでいる方、引越し料金を安く上げたい方には、赤帽の単身引越しはおすすめの引越し方法です。


関連エントリー

 
Copyright © 2011〜2013 単身引越しの格安費用はどこの引越し業者?. All rights reserved